• 松原靖樹

    マッチングが勝敗を決める自己プロデュース(PDF) 192ページ(A4) 926円(税抜) by 松原靖樹

  • いますぐ購入する
マッチングが勝敗を決める自己プロデュース(PDF)

マッチングが勝敗を決める自己プロデュース(PDF)

文量

192ページ(A4)

価格

926円(税抜)

出演
松原靖樹
いますぐ購入する

立ち読みコーナー

  1. マッチングが勝敗を決める自己プロデュース(PDF)の立ち読み画像1枚目
  2. マッチングが勝敗を決める自己プロデュース(PDF)の立ち読み画像2枚目
  3. マッチングが勝敗を決める自己プロデュース(PDF)の立ち読み画像3枚目
  4. マッチングが勝敗を決める自己プロデュース(PDF)の立ち読み画像4枚目
  5. マッチングが勝敗を決める自己プロデュース(PDF)の立ち読み画像5枚目
  6. マッチングが勝敗を決める自己プロデュース(PDF)の立ち読み画像6枚目

ビジネス勝敗のカギは「マッチング」にあります。【自己プロデュース小冊子】

エスモーズセミナーで、大人気コースのひとつ「自己プロデュースコース」。
認知を広げ信頼を深めることで、自分をうまく運んでいくことを学べるコースの内容を、一冊に集約した【自己プロデュース小冊子】が発売になりました。

「自己プロデュース」とは?

自分で自分を上手く運ぶための手立てのことです。

信頼を深めることと、認知を広げることの両立によって作られます。自分の内側の力と、力を生かすことができる外側の世界 (場)とのマッチングがうまく成立することで成功していきます。

ただし、安易に能力の世界、つまり、社会に自分を合わせようとすると、うまく行けば行くほど先々で後悔してしまうことがあるので、まずは「自分」を知ることが大前提となります。なので、強み発掘から始めるといいと思います。

自分の力にどんな特徴があり、自分を生かす「場」がどんなところなのか?ということを知らずに、安易に知名度を上げようとするのはやめたほうがいいのです。

「自己プロデュース」を成功させる2つの要素

プロデュースというのは「深さ×広さ」によって成立します。

【深さ】
ブランド、というのは「信頼性」のことで、サービス提供によって作られます。自分をプロデュースしていく上で、ベースとなる考え方です。
強いブランドが成立すると、安定的成長を期待することができるようになります。

【広さ】
ブランドイメージ、というのは「認知拡大」のことです。マーケティングによって作られます。
ブランドを分かりやすい形、伝わりやすい形に変換して知ってもらうための活動・行為のことです。強いブランドイメージを作ることができると、継続的理解を促進することができるようになります。

第三者効果を知っておく

プロモーションやプロデュースを考えるときに、最も大切で、結局はここ次第だというのが、第三者効果をうまく使えるかどうかにかかってます。

プロデュースは最終的に必ず第三者の力によって成り立ちます。第三者の協力が多い、強い人が、言うなれば有名な人だということです。

第三者を味方につけるために必要な方法論と、第三者が味方につきたいと思うような自分であることの、両方が満たされてはじめてプロデュースが完成に近づきます。

松原靖樹の強み理論 松原靖樹の強み発掘ワーク 松原靖樹のセミナー動画 松原靖樹のブック販売

処理中です……